un deux trois

桧垣バレエ団付属バレエ学園後援会のブログ

イベント

箱崎先生のジャイロキネシス・ワークショップ

絢ちゃん!学園に新たな息吹きをありがとう!

箱崎との出会いはキエフバレエ学校留学中の
一時帰国でバレエ団のレッスンに来た時
今後の方向性に迷っているという印象でした。

その箱崎が堂々とワークショップを実践している姿に
大きな喜びを感じるひと時でした。

7月29日にも期待します。

 
小西裕紀子

image1 (7)
image1 (8)
image1 (9)




以下参加者の感想です


★ジュニアクラス★

私は初めてジャイロキネシスを体験しました。
初めは、体をさすって温めながら、
今日の自分の体の調子を知ることをしました。
次にコアを感じながらゆっくりと体を伸ばしたり縮めたりしました。
難しかったのは、呼吸を意識しながらストレッチをすることです。
でも、やりはじめると、体がだんだん温まってきて
筋肉かほぐれていくのを感じました。
あっという間の一時間でした。
終了後は、肩や足が軽くなっていました。
今回の体験でストレッチの大切さを知りました。
これからは、バレエの前や後にジャイロキネシスをしたいと思います。
教えてくださった箱崎先生有り難うございました。



★ジュニアクラス★

ジャイロキネシスのことを全然知らなかったけど、
一つ一つ丁寧に説明してくださり、
普段のバレエのレッスンと結びつけてどういう風に使っているかわかりました。
バレエのレッスンでアンドゥオールにしているので
パラレルにするのが難しかったです。


★ジュニアクラス★

呼吸をする大切さが改めてわかりました。
今回学んだ呼吸を日頃から意識し
伸びやかに踊れるようになりたいです。
また、自分の弱点が見つかったので
毎日コツコツと積み重ね体幹を強くしていきたいです。



★シニアクラス★

怪我をしている時にも参加できるクラスがあるのは嬉しいです。
また機会がありましたら是非参加したいと思います。
レッスンに早く戻れるように地道なリハビリ中ですが、
やはりスタジオの広い空間で身体を動かすのはいいですね。
どうしても負傷したところに集中してしまい、
気分も下がり気味になりますが、
大きく息を吸って吐いて、身体を隅々まで伸ばしていくと、
気持ちも身体も軽やかになるような感じがしました。
椅子やマットを使ったエクササイズは自宅でもできそうなので、
身体の声を聞きつつ、教わったことをやってみようと思います。
ありがとうございました。


★専門クラス★

初めてジャイロキネシスの講習を受けました。
  足指1本ずつほぐす所から始まり
お腹の重心を意識しながら全身を小さくから
徐々に大きく動かしていくストレッチでした。

常にお腹の重心移動で体を動かしつつ隅々まで体を使う感覚
背骨を積みあげていく感覚や、今どこを使っているのか
意識しながら動かす感覚など、新鮮でした。

 普段のレッスンで体の中心を意識し引き上げているつもりでしたが
ジャイロキネシスで体幹の動きを体験してみて
思うように動かせなかったり難しいと感じることが沢山あり
体の芯の使い方が全然足りていないのだと感じました。

終わった後は体の芯がじんわりと温もったような感覚で
スッキリしていい気持ちでした。

一つ一つ丁寧に説明しながら教えてくださり良かったです。
ありがとうございました。もっと体幹鍛えたいです!

「バレエダンサーの身体特性と傷害」についての講義

6月23日桧垣バレエ学園本校メインスタジオにおいて
同志社大学 スポーツ健康科学部教授で
医学博士でもある北條達也先生に
「バレエダンサーの身体特性と傷害」についての
講義をしていただきました。

小さい生徒さんからシニアクラス、保護者の方々へと
幅広い対象にわかりやすくお話してくださいました。

バレエ特有の柔軟性や体の動き、また年齢や個人差もある中で
日々のトレーニングについてを、
関節の動き方など体の仕組みとあわせてお話いただき、
今回をきっかけに興味を持った生徒さんも多くいると思います。

また講義の内容につきましては後日会報にて
ご報告させていただく予定です。

1561329174960
1561329176243
DSC_0443
DSC_0447
1561329192661

クリスマスレッスン2

楽しみにしていたクリスマスレッスン。

各教室の子ども達がこぞって本校へ集ってきます。
いつもよりキレイに髪をまとめた子どもの姿も。

でも、たくさんの人に囲まれ少し戸惑い、緊張気味。
そんな中、裕紀子先生の経験豊かなレッスンが始まりました。

レッスンが進むにつれて、楽しく和やかなご指導のおかげで
みんなの緊張が徐々にほぐれ、最後はみんなで楽しくフリーダンス。

レッスンが終わるとお菓子のつかみ取り!
大先生からクリスマスプレゼントが手渡され、
みんな笑顔で今年一年を締めくくることができました。

まだまだ言葉で理解するには難しい子ども達に、
一人一人の個性を活かしながら、
丁寧に指導する裕紀子先生のレッスンに、
子ども達のますますの成長が楽しみです。

カトレアクラス


image1
image2
image3
image4

クリスマスレッスン

12月23日
本校にてクリスマスレッスンが行われました。


娘は何日も前からこの日を楽しみにしており
当日は朝から目をキ
ラキラさせていました。

クリスマスレッスンでは本校の生徒だけではなく
他のクラスの生
徒さんも一緒にお稽古します。
普段のお稽古と少し違った雰囲気に娘は、
「緊張したけれど、すごく楽しかった!!」
と嬉しそうに話してくれました。

今までは少しでも雰囲気が変わると
緊張で硬くなっていたのですが

いつの間にか緊張の中でも楽しめるようになっていました。

心が成長している事にとても嬉しく思います。

最近の娘は自分に自信が持てず
思うように踊れなくて涙する事が
多いのですが
先生方の温かいお言葉に励まされ、支えられ
そして、上級生のお姉さん達に優 しく接して頂き
前を向いて頑張る事ができています。

バレエを教えて下さるだけではなく
生徒の心に寄り添って下さる
事に感謝の気持ちで一杯です。
先生方のお言葉に母親の私も救われております。

娘のクラスは、クリスマスレッスンが
本年のお稽古納めとなりまし
た。
笑顔で締めくくることができ、とても嬉しく思います。

先生方、後援会本部役員の方々、誠にありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

ばらクラス
1image1
1image2

同志社大学スポーツ健康科学部のゼミからのご依頼

同志社大学スポーツ健康科学部 
北條達也教授のゼミからのご依頼で
バレエダンサーの股関節の可動域や重心の取り方と
怪我との相関関係の研究のためのデータ計測が
桧垣バレエ団本校スタジオで行われました

医学博士であり同志社大学の教授でおられる北條先生は
スポーツにおける健康増進と障害防止のために
力を注がれておられます

本日は、3月末のオオサカプリと
4月のジュニアバレエフェスティバルの
リハーサルの合間に
桧垣バレエ団の生徒が計測に協力いたしました!

大きな計測器も持ち込まれみんな興味津々

土踏まずの様子を下から撮影したり
アンドオールの最大角度と普段の角度の差を計測したり

そして、これまでの怪我歴を聞いていただきました

バレエダンサーは無理な体勢で常にトレーニングしますので
多かれ少なかれ怪我はつきもの
ありがたいことに、それぞれの状態に対するアドバイスもいただきました

北條先生がをはじめゼミの生徒さんがとてもお優しくて
桧垣メンバー、みんな楽しそうでした!

これからも怪我には気を付けて
末永くバレエを楽しみたいですものね

P3213834
P3213835
P3213846
P3213847
P3213837
P3213839
P3213840
P3213869
P3213871
P3213872


大先生もスタジオに入られて
リハーサルをご覧になられました!
P3213841
P3213843
P3213844
P3213848
P3213868



記事検索
プロフィール

HIGAKI FAN CLUB

ギャラリー
  • 箱崎先生のジャイロキネシス・ワークショップ
  • 箱崎先生のジャイロキネシス・ワークショップ
  • 箱崎先生のジャイロキネシス・ワークショップ
  • 大植真太郎さんがスタジオを訪問してくれました
  • 大植真太郎さんがスタジオを訪問してくれました
  • 「バレエダンサーの身体特性と傷害」についての講義
  • 「バレエダンサーの身体特性と傷害」についての講義
  • 「バレエダンサーの身体特性と傷害」についての講義
  • 「バレエダンサーの身体特性と傷害」についての講義
  • ライブドアブログ