un deux trois

桧垣バレエ団付属バレエ学園後援会のブログ

2017年06月

発表会を終えて

梅雨入り宣言もされた中、雨も降らず好天に恵まれ
今年も文化パルク城陽にて
桧垣バレエ学園の発表会が行われました。

バレエを始めてから3度目の参加となる娘は
「今年はにこにこ笑顔で最後まで踊る」と決めていた様ですが
いざ大勢のお客さんの前に立つと
緊張から表情が強張ってしまい
残念ながら目標を達成する事は出来ませんでした。

娘に帰りの車の中で、「発表会、どうだった?」と聞くと
自分でも満足出来なかったのか、大粒の涙を流しながら
「もっと踊りたかった」と声を上げて泣いてしまいました。

1歳を過ぎた頃から母親と離れて
1日の大半を保育園で過ごしたきた娘。

毎朝保育園の玄関で私と離れるのが辛くて
ぐずっていた事を今でもよく思い出します。

そんな保育園で初めて出会ったバレエ。
その後本校に通わせていただく事になり
娘はいつの間にかバレエの世界に夢中なりました。

また小学校に入ってすみれクラスに進級し
作品「ゲーテ・パリジャン」や「デフィレ」を
憧れているお姉さん達と一緒に踊れる事は
とても刺激的だった様で
毎回キラキラと目を輝かせてレッスン内容を報告してくれました。

優しい先生方や年上のお姉さんに導いてもらいながら
皆で協力しあって1つの作品を作り上げる素晴らしさを学び
貴重な経験をした事は大切な心の財産になっていると思います。

まだまだ思い通りに踊る事は難しく
満足出来ない様子の娘ですが
そんな繰り返しの中で心身共に大きく成長していってくれる事を
親として願って止みません。

これからも、1日1日を大切に積み重ねてゆき
また来年に繋げて貰いたいです。

最後に、ご指導頂いた先生方を始めお世話になった皆様方
本当に有難うございました。


すみれクラス

20160219_2491

2017年桧垣バレエ学園発表会

お天気に恵まれた6月18日
2017年桧垣バレエ学園発表会が
文化パルク城陽プラムホールにておこなわれました
P1012642


相変わらず、開場の三時間ほど前から
早々に開場を待つ列が出来ていました
P1012645
P1012647
P1012640
P1012655
P1012651
P1012653
P1012659
P1012666
P1012669
P1012670

午前中のリハーサルから拝見していましたが
本番直前の緊張感もありながら
裕紀子先生のかわいらしいお声での指導に
ステージ上は和みます
客席の保護者からは
「先生、なんて優しい♥」の声が


やはり、いくら広い学園のスタジオで
リハーサルを重ねても
本番の舞台でのポジション取りは
その場でなければ難しく

琢矢先生が舞台上で
裕紀子先生が客席から調整し指示なさいますが
「はい!」と生徒達もすぐに理解出来るところが
素晴らしいと思いました


小さな子のクラスのリハーサルは
お手洗いから帰るのを優しく待ってあげて
緊張をほぐすように話しかけて下さります

ひとりひとりのティアラの位置まで気にかけて
つけ直しをアシスタントの先生に
お願いしていらっしゃいました


大先生からも
生徒たちに向けてお声かけと
保護者に向けてのお話を賜り
気合いを入れていただきました



リハーサルは少しミスが目立つ生徒もあり
ドキドキしましたが

そんな子たちも
私たちの心配をよそに本番バッチリ決めていました


バリエーションの山場
テクニックで魅せる部分は体力的にもキツい!

本番の観客の拍手がどれだけ躍り手の力になるのかを
目の当たりにした発表会でした


幼児、低学年の作品
かわいらしいばかりに思えますが

ひとつひとつ
バレエの基礎テクニックが盛り込まれています

かわいいバロッテやシソンヌフェルメが
華やかなバリエーションに繋がっていることを
大きくなれば分かってきます


発表会は舞台経験を積む
素晴らしい学びの場でもありますが
小さい頃から何度も何度も
同じ振り付けを練習することで
得意なパが増え、将来的に大きな武器になるのですね


白鳥の湖から黒鳥とパキータの二つのパドドゥは
いずれも拍手喝采!ブラボーの声がかかりました



終演後のロビーでは
着替えを終えた生徒たちが
抱き合って涙
そして親も涙
P1012685
P1012695

これからも
頑張る生徒たちをもっともっと応援したい
そんな気持ちになりました

先生方をはじめ
舞台を作り上げるためにお力添えをくださったスタッフのみなさま

素敵な発表会をありがとうございました

来年にむけて
またしっかり応援してまいりましょう!



P1012673
P1012675

イタリア共和国記念日のレセプション

6月6日イタリア共和国記念日のレセプションに
桧垣と出てきました。



今回イタリア大使として新任された
ジョルジョ・スタラーチェ様は

バレエ団のイタリ
ア公演のきっかけとなった
リッカルド・ガリグリア様
(現在、イタリア大統領プロトコールという役職に
就かれ
ています)と親しいということで

事前にガリグリア様からお知らせいただいていたため
初対面の気がしませんでし
た。

マルコ・ロンバルディ総領事は
今期をもって離任されます。

バレエを通して、すばらしい出会がありました。

その方々に助けられて、バレエ団今日がある、と
改めて感謝の気持ちでいっぱいにな
りました。



小西裕紀子

2017


2017年発表会 照明合わせ

発表会まであと二週間!
今日は
舞台監督さんがスタジオに来られての
照明合わせが行われました


午前中からは
ジュニア・専門・シニアのレッスンがあり
そのあとから衣裳をつけてのリハーサル

P6042263
P6042264
P6042265
P6042266
おこしいただいた舞台監督さん、スタッフのみなさんに
よろしくおねがいしますと ご挨拶


P6042267
P6042268
一つひとつの作品を見て
音出しのタイミングと照明を決めていきます

P6042270
出番を袖で待ちます
P6042276
P6042291
P6042361
今回はグラン・パ・ド・ドゥが二つ!
今日は琢矢先生が代役してくださりました

P6042398
ジュニアの作品
モーツアルトスィート
モーツアルトのイドメネオというオペラ曲から

P6042404
P6042408
P6042414
あまりメジャーな曲ではないようですが
明るく華やかな旋律です
少し音が取りにくいように感じましたが
さすがジュニアクラス
しっかりタイミング合わせていました

P6042420
デフィレ♪
色とりどりの華やかなチュチュが素敵です!

P6042423
P6042427

P6042454
リハーサルを終えて
アッパースタジオでは
シルビアさんと舞台メイクのミツヨシさんから
プロのメイキャップアーティストさんが来てくださって
メイクレッスン
とても分かりやすく教えてくださりました

きっと今回はみんなより美しく舞台に立てますね♪

P6042455
P6042459
真剣!!
中学生以上は自分でメイクします
舞台人としてのスキルをつけていかなくては

P6042457
P6042464
ちいちゃいバレリーナさんは
お母様がメイク担当
慣れないメイクにこちょばがったり恥ずかしがったり
可愛かったです♥

P6042465
P6042467
さて、いよいよ
幼児さん、小学生の小品集のリハーサル
可愛すぎます!
P6042472
P6042476
P6042477
P6042479
ボーイズの衣装もかっこいい!!
P6042484
P6042485
P6042487
P6042488
リハーサルが終わり
裕紀子先生から本番に向けてのご説明がありました
当日、お母様もしっかりサポートお願いいたします!

P6042491
最後は小学生のリハーサル
しっかりご挨拶できていました
このようなマナーのご指導も
きっちりとしてくださりありがたいことです

P6042494
今年は ゲーテパリジャンです!
明るくて可愛らしい
そしてとっても盛り上がる作品ですよ☆
P6042507
P6042510
P6042511
P6042516
P6042539
P6042542
P6042547
カンカン娘の登場で最高潮に!
そしてフィナーレヘ!

P6042571
去年の発表会のリハーサルを思い返します
一年たって、ぐんと上手になっている学園生たちに
おどろきました・・・
子どもたちの成長って本当にすごい!!

P6042579
P6042587
P6042606
P6042610
P6042615
P6042616
6月18日(日)15時から
文化パルク城陽にて

すてきな舞台になりますよう
あと2週間リハーサルを重ねます!
お楽しみに!!


関西音楽新聞に掲載されました!

関西音楽新聞にも掲載されました。

多くのメディアに取り上げられ
嬉しいですね!


2017
記事検索
プロフィール

HIGAKI FAN CLUB

ギャラリー
  • 結衣ちゃんの宝塚歌劇初舞台
  • 結衣ちゃんの宝塚歌劇初舞台
  • 結衣ちゃんの宝塚歌劇初舞台
  • 結衣ちゃんの宝塚歌劇初舞台
  • 結衣ちゃんの宝塚歌劇初舞台
  • 裕紀子先生 お誕生日おめでとうございます
  • ワルシャワのレポートがオンステージに掲載されました
  • 受験を終えて
  • 松井山手ブランチ バレエ・アン・ドゥ・トロワ
  • ライブドアブログ