un deux trois

桧垣バレエ団付属バレエ学園後援会のブログ

2015年03月

生徒発表会2015

2015年の生徒発表会

今年は7月19日(日)
京都市呉竹文化センターにて。


スタジオでは、少しずつ振付が始まっていますよ!

小学生の大作は

「シンデレラの舞踏会への出発」
プロコフィエフ の難解な曲。
不思議な世界を感じてください。

学園生徒たちにとっては、
マイムを身に着ける絶好のチャンス!
将来的にバレエ公演の舞台に立てるよう
しっかり練習したいですね♡


ジュニアの作品も楽しみです!

 
詳しくは桧垣バレエ団オフィシャルサイトをご確認ください♪ 

バリエーションレッスン

子どもたちのバリエーションレッスンを見学する機会がありました。
中学生、高校生に混じって小学生もたくさんがんばっていました。

テクニックも付いてきて、バレリーナっぽく踊っている様子を見て、
成長ぶりに感激・・・

それでも、先生からはたくさんの指摘と指導が入ります。
これでも完成型ではないの??と
親の私には全然わかりません。

まずは、先生が
「もっとこうして、ここを気をつけて、こんな感じに・・・」と
熱心に声をかけて指導してくださります。

それでもなかなか理解できない様子だと、
先生が実際に見本を見せてくださりました。

椅子から立ち上がってすぐに、さらりと踊られて。



びっくりします。


あまりの違いに。



同じ振り付けでこうも違いがあるものなのかと思いました。

ああ、まだまだまだまだ、学ぶことはたくさんあるんだ・・・

先生の表現力やテクニック。

こうやってすぐに直接触れることができるということは
とても恵まれた環境だなと実感します。

(ジュニアクラス)


 

支部のお友達

奈良近鉄文化サロンにあるアネモネクラスをご紹介します。

 
週一回日曜日の午前中にレッスンがあります。

今は発表会のお稽古中。
お姉さん達はさらにレベルアップして
バヤデルカのバリエーションを踊ります。
今年も綺麗に踊れるといいですね。

その後ろでは、憧れのトゥシューズに釘付けになりながら
振り付けを練習する女の子たち。

早くトゥシューズが履けるのを夢みる
可愛いバレリーナたち。

今年はトゥール・アン・レールに
挑戦するボーイズ君、 頑張って!



小さなお稽古場ですが
いつも楽しそうです。

近鉄文化サロン1
 

コンクールの緊張感・・・

OSAKA PRIX 予選を終えました。


当日の出場者は発表会以上に緊張・・・
楽屋も知らない人が多くて気を遣います。

本番前の控室では、他の教室の先生もたくさんいらっしゃいますが、
裕紀子先生と全然違うと感じたようです。 

ヒステリックに直前まで指導している先生もいらっしゃり
そういう雰囲気に慣れていない娘たちには少し怖かったようです。


そんな時でも裕紀子先生は、
学園の生徒たちにぴったりついてくださいます。
 

舞台裏では、先生が自らみんなのメイクをしてくださり、
もう、実力以上にかわいらしくしてくださります!!!
 

裕紀子先生は最後まで穏やかに指導し、送り出してくださったので
いつも通りに踊れたと申しておりました。 
 
大先生は必ず桧垣の生徒の出番には客席でご覧になってくださっていました。
裕紀子先生も出番に間に合うように控室から客席まで急いできてくださって。

そこに先生がいてくれるだけで安心感がありますね。
丸々二日間、生徒たちのために最後までご尽力いただき
ありがとうございました。 

(ジュニアクラス) 
記事検索
プロフィール

HIGAKI FAN CLUB

ギャラリー
  • 京都市交響楽団2019年のラインアップパンフレット
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • 2018年 クリスマスレッスン
  • ライブドアブログ